4月も下旬に入った4月22日の豊田市鞍ヶ池公園です。
DSCN3263
鞍ヶ池公園内のソメイヨシノ桜の花も散りはてて、すっかり葉桜の姿になっていました。
DSCN3289

そんな時期なのに公園内で、まだピンクの花が咲いている桜の木がありました。
DSCN3267

その木にはスミゾメ(墨染)お書かれていました。
DSCN3266
八重桜の一種で、ソメイヨシノよりも遅咲きの桜のようです。
DSCN3268
ここは、鞍ヶ池公園内にある「さくら園」という場所です。
DSCN3287
50年前の昭和41年に豊田市内の大手企業の方の遺贈による寄付金で造成されたもので、全国から各種の桜を集めて「さくら園」を完成させたものだそうです。

黄色の花の桜が咲いていました。
DSCN3271

DSCN3270
ギョイコウ(御衣黄)という珍しい桜です。
DSCN3272

もう一種類、満開の八重桜がありました。
DSCN3281

DSCN3280

カンザン(関山)は八重桜の中では一番多く見かける桜です。
DSCN3282


他にも数種類の桜を見かけましたが、古木になっていて幹が朽ちかけている木もあり、50年の歴史を感じる鞍ヶ池公園内のさくら園でした。