花と緑の祭典「とよたガーデニングフェスタ with とよた都市緑化フェア2016」が4月29日(祝)、豊田スタジアムなどの会場で始まりました。
5月1日までの3日間です。
先日のブログで事前準備の様子の一部を紹介しましたが、コンテナガーデンコンテストの入賞作品がこの日に発表されました。
ハンギングバスケット部門と寄せ植え部門の全ての中から「グランプリ」に選ばれたのは、ハンギングバスケット部門で「金賞」を受賞した下の写真の作品です。
DSCN3455
受賞者は豊田市の山口スミさんで、作品タイトルは「春の喜び」です。

次の写真はハンギングバスケット部門の「銀賞」作品です。
DSCN3454
岐阜県多治見市から参加された酒井まり子さんの作品タイトル「こだわりを彩る春」という作品です。

同部門「銅賞」は静岡県静岡市から参加の川口せつ子さんの作品タイトル「祈り」が選ばれました。
DSCN3456

三賞以外に中日新聞社賞は豊田市の後藤嘉子さんの作品タイトル「早緑(さみどり)に包まれて」が、
DSCN3458

日本ハンギングバスケット協会理事長賞は安城市の鳥居実江さんの作品タイトル「母になる娘へ」が受賞されました。
DSCN3460
作品コメントには、「この夏、母になる娘のために、娘の好きな花をいっぱい入れて作りました・・・・・」と書かれていました。
もちろんカーネーションも使われていました。
ハンギングバスケットの飾り付けから、娘さんへの母親のやさしさを感じさせられる作品でした。
その他に、優秀賞に4作品が選ばれました。DSCN3457

DSCN3459

DSCN3461

DSCN3462

昨日の強風で少し傷んでしまった花もあったようですが、どの作品も優劣付け難いすばらしい物ばかりです。
審査員の方も選ぶのが大変だったと思います。

寄せ植え部門の入賞作品については、また後日紹介したいと思います。