6月4日 (土) 、豊田市公設地方卸売市場で今年2回目の一般開放が行なわれました。

DSCN4249

午前9時30分から11時30分まで 豊田市公設地方卸売市場では、通常一般利用できない卸売市場を一般の方に開放します。
ふだんは、プロが仕入れをしている市場で、一般の人が買い物をすることができる催しです。
DSCN4248

9時半には会場内は大賑わいです。
DSCN4208

今回はスイカとメロンの試食がありました。
DSCN4243

長い列を並んで、いただける一切れのスイカを試食の味は美味しいに決まっています。
DSCN4226

スイカの後でメロンも試食できます。
DSCN4229

試食の裏方さんは大変そうです。
DSCN4225

その隣では、トラックの荷台に積まれた地元猿投産のスイカです。
DSCN4222
市価よりも安く手に入るようで、飛ぶように売れていました。

水産棟の魚売り場では、これも毎回恒例の活魚すくいが行なわれていました。
DSCN4230
元気に水槽の中を泳ぎ回る大きな真鯛が一匹1000円です。
30匹限定の魚が残り数匹になっていました。
DSCN4238
子供たちが楽しそうに、大きなタモ網ですくい上げていました。
DSCN4242

公設市場内を歩き回りおよそ1時間、試食のスイカやメロンをいただいて、買い得の野菜や魚などを袋一杯ぶら下げ、会場をあとにしました。

この後の今年度の市場開放の予定日は、
平成28年9月3日  10月29日  12月17日  平成29年2月18日となっています。
いずれも土曜日の午前9時30分〜11時30分の2時間です。