7月3日 (日) 、久しぶりに豊田市松平郷に出かけてきました。
DSCN5008

松平東照宮から高月院までの坂道には、早くも秋の七草の「ハギ(萩)」の花が咲いていました。
DSCN5015
小さなピンク色の花が枝先にいっぱい咲いています。
DSCN5017

ハギと同じピンク色の「ナデシコ(撫子)」の花も咲いていました。
DSCN5010
最近は園芸品種で四季咲きのナデシコという名で「ダイアンサス」というナデシコ科の花をよく見かけますが、ここで見つけたナデシコは「カワラナデシコ」という品種の日本全国の山地や河原に自生しているものです。
DSCN5012
この花がいわゆるヤマトナデシコと呼ばれtる花のようです。

坂道を登り切った所の高月院というお寺の山門横にあるトンボ池には真っ赤なトンボが飛んでいました。
DSCN4981
「ショウジョウトンボ」というトンボです。
数年前にはこの池で、ハッチョウトンボという小さなトンボが見つかったけれど、今回は姿が有りませんでした。
そんなことで、まだ梅雨も明けていなく7月に入ったばかりなのに、秋の気配を感じることが出来た松平郷でした。