朝の散歩時、梅雨時のうっとうしい気候の中で、近所の家の庭に爽やかに咲いている花が有ります。
DSCN4926
アガパンサスという名の花です。
属名でもあるアガパンサスはギリシア語の「アガベ (愛) 」と「アンサス(花)」の2語からなり、「愛の花」という意味です。

アガパンサスはさわやかな涼感のある花を多数咲かせ、立ち姿が優雅で美しく、厚みのある革質の葉が茂る様子には力強さも感じられます。
DSCN4929

和名は「ムラサキクンシラン(紫君子蘭)」と言います。
クンシランには縁もゆかりもない別属の植物で、外見の特徴から付けられた和名のようです。
DSCN4928
派手さはないですが、曇天の梅雨空に冴えた色を演出してくれています 。