平成28年豊田市西山自治区ふれあい盆踊りが、7月23日 (土) 西山区民会館横のふれあい広場で行なわれました。
私は今年度の西山自治区の組長になっているので、会場づくりの手伝いに出かけました。
DSCN7500
西山自治区には、全部で108組あります。
そのうち半分の組長が当日の会場づくりに、残りの半分の組長が翌日の会場片付けという役割分担がされていました。
私の組の担当は会場づくりになっていたので、当日の朝6時過ぎに区民会館に集合しました。
DSCN7505
盆踊り会場づくりの主な作業は、やぐらの組み立て、テントの設置、椅子やテーブルなどの備品の運搬です。
それぞれの作業分担を決めて、6時半ごろに作業を開始しました。
私はテントの設置を担当しました。
まずは、倉庫から機材を運び出します。
DSCN7507
組付け手順書も有りませんが、経験者の指揮で組み付けが始まりました。
DSCN7511

このパイプはこっちかな?とか言いながら、だんだん形になっていきます。
DSCN7513

屋根の上にシートを取り付けて、
DSCN7517

足を立てて、完成です。
DSCN7518
作業開始後およそ1時間で、合計6つのテントの組み付け設置が完了しました。
DSCN7525

そして、もう一つのやぐらの組み立ての作業の様子です。
DSCN7508
やぐらの機材をトラックや人力で倉庫から広場へ運び出します。
設置場所を確認して、
DSCN7512

組み立てが始まりました。
DSCN7521
こちらには素人ばかりじゃなくて、専門業者の人が入っています。
およそ30分で、だいたいの形になってきました。
DSCN7535
床に板を敷き、やぐらの周りに紅白の幕を張ります。
DSCN7547

作業を進める中で、紅白の幕を張る場所が違っていることに気が付き、張り直しです。
DSCN7559
以前の写真を持ってきて確認すると、やぐらの下の幕は丈の短いものが正しいようです。
DSCN7561

幕の場所を修正して、もう少しで完成です。

DSCN7572

テントには、テーブルや椅子が並べられ、電気工事が終わった電球に提灯を飾り付けて完成です。
DSCN7545

作業開始からおよそ3時間の9時半頃には会場づくりのすべての作業が終わり、作業に汗を流した組長さんに、区長さんから労いの言葉が掛けられました。
DSCN7583

あとは、午後5時からの盆踊りの本番を待つばかりです。