9月25日 (日) 、昨日の雨の天気から一転して、朝から青空の広がる爽やかな天気になりました。
朝10時前、逢妻女川のヒガンバナが咲く豊田市宮上町の宮上橋周辺に出かけました。
DSCN8597
まだ堤防全体が真っ赤の状態にまでにはなっていませんでしたが、7~8分咲きで十分に見ごたえのある開花状況でした。

宮上橋の上から上流方向を見た逢妻女川の堤防です。
DSCN8606
たくさんの人が堤防の土手の斜面に咲くヒガンバナを楽しんで散策されています。

またこの日には、逢妻女川彼岸花育成会が平成8年に発足してから20周年になるということで、感謝イベントが行なわれていて、ヒガンバナの咲く堤防でお抹茶とおはぎが100円でいただける野点(のだて)が10時から始まっていました。
DSCN8587

宮上橋のすぐ横に4面のテントが張られ、テーブルと椅子が並べられています。
DSCN8625

受付で呈茶券を受け取り
DSCN8612
席に座って待っていると、・・・
運ばれてきたおはぎとお抹茶です。
DSCN8614

近くの逢妻中学校の生徒がお手伝いをしています。
DSCN8609

ヒガンバナを見ながら、美味しくいただきました。
DSCN8611

宮上橋の下から見た景観です。
DSCN8617

堤防の上から宮上橋を見た景観です。
DSCN8634
堤防の土手の上の方は、まだこれから咲くつぼみが多くあるので、2~3日後にはもっと堤防全体が真っ赤になりそうです。
DSCN8602

見頃は月末までということだそうですので、逢妻女川に咲く150万本のヒガンバナを今週中にぜひ出かけてみてください。