豊田市内の東部を流れる巴川の支流・仁王川沿いの渓谷部を王滝渓谷といいます。
渓谷は、1.8Kmの距離を148mの落差で清流が流れ、その流れが、さまざまな巨岩や奇石をつくり出し、素晴らしい景色が連続する王滝渓谷を生み出しています。
DSCN9338

愛知県下でも有数の景勝地で「東海の昇仙峡」とも呼ばれている所です。
豊田市内での紅葉の名所でも知られていて、秋にはハイキングを楽しむ人で賑わいます。

11月20日(日)の午前中に出かけてみました。
DSCN9309

県道沿いの駐車場に車を停めて数百メートル歩いていくと、車を10台ほど停められる王滝渓谷の入り口に到着です。
DSCN9310

清流が流れる川に沿って散策してきました。
DSCN9321
DSCN9314

期待した紅葉は少し色あせていて鮮やかさは有りませんでした。
DSCN9328
30分ほど散策して、帰ってきました。
駐車場に戻る途中に「王滝渓谷 散策朝市」が行なわれている場所が有りました。
DSCN9332

地元の農家の方たちが農産物などを並べており、
DSCN9334
スーパーなどで野菜が高い時期に、大根1本50円で売られていました。

大きな鍋からは湯気が上がり、しし汁が1杯100円でした。
DSCN9336
昨年に捕獲したイノシシの肉を使っているということでした。
野菜と一緒にイノシシの肉が入っています。
DSCN9335
珍しいのでいただくことにしました。
肉は歯ごたえが有りましたが、味噌仕立てで美味かったです。
しし汁を賞味した後、格安の野菜も買って帰りました。