1月の下旬、冷え込みが厳しい中でも、間違いなく春の足音が近づいています。

豊田市内の梅林の名所の一つ、平芝公園の早咲きの梅が咲きはじめています。
DSCN0167

一重咲きの紅梅のオオサカズキという品種です。
DSCN0162

早咲きのオオサカズキでも、まだ咲きはじめでチラホラの状態です。
DSCN0165

それでも、近づいてアップにして見ると満開のようにも思えます。
DSCN0164

紅梅だけでなく、早咲きの白梅も咲きはじめていました。
DSCN0151

名札が有りませんが、トウジウメのようです。
DSCN0153

DSCN0152

青く澄み切った空に白梅が綺麗です。
DSCN0144

平芝公園の梅林が見頃になるのは、平年では一か月後の2月下旬頃です。
DSCN0145

公園内では、豊田市シルバー人材センターの人たちで剪定作業が行なわれていました。
DSCN0146
昔から、サクラ切るバカ、ウメ切らぬバカと言われるように、ウメは枝を上手に切ることで綺麗な花が楽しめるようです。
DSCN0149

剪定されて切られた枝先が積まれていました。
DSCN0155
寒い中でご苦労様です。
こうした作業のおかげで、綺麗なウメの花を楽しませてもらっています。