2月14日の午後5時すぎ、3機の自衛隊機が、やつば池散歩道のある豊田市朝日町の上空を旋回しながら飛んでいました。
DSCN0571

どんな機種の飛行機か、写真をもとに、インターネットで調べてみました。
DSCN0562 (2)

プロペラが4基の中型輸送機でアメリカロッキード社が製造しているCー130 ハーキュリーズだと思われます。
ハーキュリーズ(Hercules)とは、ギリシア神話に登場する英雄、ヘラクレスの英語読みです。
DSCN0566

航空自衛隊は、今までにC-130H型を16機購入しています。
戦術輸送機として愛知県の小牧基地第1輸送航空隊第401飛行隊で運用し、陸上自衛隊第1空挺団の降下訓練・作戦なども支援するものです。
DSCN0561 (2)

3機編隊の自衛隊機は、豊田市上空を数キロの円を描いて、数回旋回して基地の方に飛んで行きました。
DSCN0567
来月3月5日 (日) 航空自衛隊小牧基地のオープンベース(航空祭)が行なわれるので、編隊飛行のリハーサルをしているようにも思えます。

下の2枚の写真は、昨年(2016年)3月の小牧基地のオープンベースの時のものです。
DSCN2024

輸送機の中へ一般の人も入って見学が出来ました。
DSCN2029

豊田市の位置が自衛隊の小牧基地や岐阜基地と浜松基地の中間地点にあたるので、上空を自衛隊機がよく飛んで行く姿を見ることがあります。
大きなエンジン音が気になりますが、飛行機好きの私は、時々空を見上げて楽しんでいます。

PS.
3月3日の午後には5機編隊で飛んでいました。
DSCN0915
航空祭を見に行かなくても豊田市の上空で楽しめます。