豊田スタジアムのすぐ近くの豊田市森町に、縄文時代の遺跡があります。
DSCN0681
縄文時代から鎌倉時代にかけての遺跡である曽根遺跡は、昭和47年(1972年)に豊田市教育委員会によって発掘調査が行われました。
DSCN0654

発掘された縄文時代後期(約4,500年前)の竪穴建物跡2軒、古墳時代後期(約1,400年前)の溝跡などを整備して、昭和51年(1976年)に遺跡公園として一般市民がいつでも見られるように展示されています。
DSCN0714

曽根遺跡公園内には、発掘調査で確認された縄文時代中期の竪穴建物跡2軒と古墳時代後期の溝跡1条が保存されています。
DSCN0656

DSCN0658

その隣には、縄文時代の復元家屋(竪穴建物)1軒があります。
DSCN0660

最近改修されたみたいで屋根の茅(かや)がまだ新しい状態です。
DSCN0662

入り口は通常は施錠されているので中には入れません。
DSCN0665

格子の扉から中を見ると、柱にはクリの木やナラ・カシが使われて、綺麗に造られています。
DSCN0664
静岡の登呂遺跡などを参考に復元したそうです。

遺跡公園の敷地内には、豊田市志賀町で発見された香九礼(かくれ)1号墳1基が移築されています。
DSCN0670

古墳時代後半のものと推定されています。
DSCN0678

古墳の内部です。
DSCN0677
住宅地の造成中に見つかったものをこの場所に移築保存されているものだそうです。
 
曽根遺跡公園に隣接する八柱神社境内には、前方後円墳(帆立貝式)の八柱社古墳があります。
DSCN0707
矢作川の左岸にあるこれらの遺跡は、挙母の町に住んでいた先人たちの貴重な物でもあります。

豊田市内には曽根遺跡のような縄文時代や弥生時代のたくさんの遺跡が有るようなので、もう少し調べてみたいと思っています。