第27回 全国菓子大博覧会・三重「お伊勢さん菓子博 2017」が三重県伊勢市で4月21日(金)から5月14日(日)まで開催されています。
mainImg

ゴールデンウイークの最終日で、菓子博も残すところあと1週間という5月7日(日)に伊勢市へ出かけてきました。

伊勢までの道路も菓子博の駐車場も混雑するということを予想して、伊勢市には初めて近鉄電車で行くことにしました。

名古屋駅からフリー区間(伊勢市駅~五十鈴川駅間)までの往復乗車券およびフリー区間内の乗車券、伊勢・二見・鳥羽地区の三重交通路線バス、伊勢二見島羽周遊バス「CANばす」のフリー乗車券および「お伊勢さん菓子博2017」入場券をセットにしたお得な乗車券「お伊勢さん菓子博2017往復きっぷ」を利用しました。

近鉄名古屋駅発、賢島行きの特急です。
DSCN9274
ゆったりとした客席で快適な電車の旅でした。

菓子博に行く前に、近鉄伊勢市駅で電車を降りて、まずは伊勢神宮をお詣りすることにしました。
伊勢市駅から歩いてすぐの場所に外宮がありました。
DSCN9287
外宮をお詣りしてから、三重交通路線バスの外宮前から内宮前行のバスで、宇治橋のすぐ前まで乗せて行ってもらえます。
DSCN9303

宇治橋を渡って、内宮をお詣りしました。
DSCN9301

お詣りして戻ってきた、お昼頃の内宮前おはらい町の通りです。
DSCN9308
おはらい町通りは観光客でいっぱいです。

伊勢神宮のお詣りを終えて、内宮前のバス停から菓子博行へのシャトルバスに乗って菓子博会場に到着しました。
DSCN9310
「全国菓子大博覧会」は、お菓子の歴史と文化を後世に伝えるとともに、菓子業界、関連産業の振興と地域の活性化に役立てるため、ほぼ4年に1度開催されています。
今回で27回目の開催となり、三重県では初めてとなります。

パンフレットにあった菓子博の全景です。
img01
会場は三重県営の多目的アリーナのサンアリーナです。



DSCN9314
全国お菓子であい館に併設されるテーマ館では、県内100人以上の菓子職人が制作する博覧会のシンボルとなる巨大工芸菓子を展示します。

浮世絵師 歌川広重作「伊勢参宮 宮川の渡し」をモチーフにお伊勢参りのにぎわいをお菓子で表現する、およそ幅10m×奥行き5.5mの壮大なスケールの工芸菓子作品です。
DSCN9321

1枚の写真に納まらない大きな作品で、宮川の下流には二見が浦の夫婦岩もありました。
DSCN9324

テーマ館内は多くの人が入っていて、一方通行の人の流れになっています。
DSCN9328
お菓子の匠工芸館では、菓子博史上最多の174点の工芸菓子の作品が展示されています。
本物のような造形と緻密な計算によって生み出される工芸菓子です。
名誉総裁賞の見事な作品が並んでいました。
DSCN9364

DSCN9365

全国の菓匠(菓子職人)たちが、高い技術と感性で実写的・立体的に表現する作品は、まさに芸術作品で、お菓子が織り成す美の競演です。
工芸菓子作品で10件の名誉総裁賞がありましたが、その中に愛知県からの出品の作品もありました。
DSCN9355

東山動植物園のイケメンゴリラ「シャバーニ」や「コアラ」の作品にも注目がされていました。
DSCN9357

屋外では「お菓子にぎわい夢横丁」という展示ブースがありました。
大手菓子メーカー8社による展示イベントが行なわれています。
DSCN9369

日本を代表する菓子メーカー、江崎グリコ・カルビー・不二家、ブルボン・明治・森永製菓・山崎製パン・ロッテによる趣向・工夫を 凝らした展示やイベントが開催されていました。
DSCN9371

会場内は3万人を超える入場者で、どこも人・人・人で賑わっています。
DSCN9382

お菓子の買い物ができるコーナーの「全国お菓子夢の市」の入り口付近では長い列が出来ていて、列の最後尾には、入場するのに45分、レジにも20分の待ち時間という表示がありました。
DSCN9384
大人気の「全国お菓子夢の市」には、およそ530社1800点、北海道から沖縄まで、全国の自慢のお菓子が大集合して、各地の銘菓やお菓子がズラリ勢ぞろいしているということです。

長い列だけ見て、中に入るのは断念しました。

広い会場を歩き回って、さすがに疲れ果てて、帰りのバスに乗りました。
菓子博会場からは、近鉄五十鈴川駅まで、次々とシャトルバスが出ていました。
DSCN9386

菓子博期間のみ特急が止まる五十鈴川駅です。
DSCN9388

菓子博での帰り客でにぎわう近鉄電車に乗って名古屋に向かいました。

お菓子の博覧会は、お菓子の祭典としてほぼ4年に1度、全国の各地を回って開催されています。
その地域のお菓子屋さんがつくっている菓子工業組合が主催しているものですが、地方自治体もバックアップする大きなイベントとなっています。


お菓子の博覧会の始まりは古く、明治44年の第1回帝国菓子飴大品評会にさかのぼります。
戦争による一時中断はありましたが、全国のお菓子屋さんの熱意で復活し、名称を全国菓子大博覧会と変えて、1世紀にわたり、これまで26回の開催を重ねてきました。


会場では、全国よりお菓子が集められ展示・即売され、また菓匠により作られた工芸菓子が披露されます。
優秀な作品には皇族による名誉総裁賞、内閣総理大臣賞、農林水産大臣賞などが授与されますが、全国菓子大博覧会での受賞は菓子業界の中でも最高の栄誉とされ、賞をもらうために全国のお菓子屋さんは日々腕を磨いているそうです。


菓子博は、第1回および第2回は、帝国菓子飴大品評会という名称で、第3回から第9回までは全国菓子飴大品評会という名称で開催され、第10回仙台での開催から全国菓子大博覧会という名称で開催されるようになりました。

今まで行われてきた菓子博の記録です。

回数

開催地

開催年

西暦

第26回広 島平成25年4月2013年
第25回姫 路平成20年4月2008年
第24回熊 本平成14年11月2002年
第23回盛 岡平成10年4月1998年
第22回金 沢平成 6 年4月1994年
第21回松 江平成元年4月1989年
第20回
東 京昭和59年2月1984年
第19回
静 岡昭和52年2月1977年
第18回鹿児島昭和48年2月1973年
第17回札 幌昭和43年6月1968年
第16回秋 田昭和40年4月1965年
第15回名古屋昭和36年4月1961年
第14回長 崎昭和32年3月1957年
第13回京 都昭和29年4月1954年
第12回横 浜昭和27年5月1952年
第11回大 分昭和14年4月1939年
第10回仙 台昭和10年5月1935年
第 9 回新 潟昭和 8 年5月1933年
第 8 回松 山昭和 6 年4月1931年
第 7 回岐 阜昭和 3 年9月1928年
第 6 回京 城大正15年4月1926年
第 5 回福 岡大正12年3月1923年
第 4 回広 島大正10年4月1921年
第 3 回大 阪大正 8 年3月1919年
第 2 回金 沢明治45年4月1912年
第 1 回東 京明治44年4月1911年

※資料「全国菓子大博覧会」(菓子飴新聞社)・各回博覧会発行記念誌

56年前の昭和36年に名古屋で開催されていました。
次回は、いつどこで開催されるのでしょうか。