5月17日 (水) の豊田市西山公園の四季の花園です。
昨年の11月に植え替えられた冬・春の花壇は、長い間経って春の花も終わりを告げてきているようです。
DSCN9437
毎年、四季の花園は5月中旬の木曜日に春から夏の花に植え替えられています。

明日が抜き取りの日だと思うので、抜き取られる一日前の花壇を見に行ってきました。
大きく伸びた紫の花が暑さに負けずに咲いています。
DSCN9442

その前側には、冬の間花壇を彩っていたパンジーやビオラが、もうその姿が乱れて終盤を迎えてきていました。
DSCN9438
公園内のバラ園に行く人たちがこの花壇の前を通って行きますが、ほとんどの人が立ち止まる気配もありません。

横目で見ていく花壇の白い柵の入り口のアーチにはピンクのバラが咲いています。
DSCN9439

バラ園を見に来た人たちには、このバラの花が気になるようです。
DSCN9440

アーチをくぐったところから見たアプローチ花壇です。
DSCN9441

背が高く伸びて、今が見ごろのジキタリス(和名=キツネノテブクロ)とデルフィニウム(和名=ヒエンソウ)です。

この花も明日には抜かれてしまうかと思うとチョット可哀想な感じがします。

でも来週には、四季の花園の花壇が夏の雰囲気に一変していると思います。
植え替えが終わった花壇の様子を見に行こうと思っています。