5月も下旬に入り、5月21日 (日) です。
昨日と今日は、最高気温が30℃を超える真夏日が2日間続きました。
それでもこの時期の暑さは空気が乾燥しているので、日陰に入るとまだまだ涼しさを感じます。

そんな真夏日の日に、やつば池散歩道の時計塔前の休憩所に日除け棚が設置されました。
DSCN9584
ボランティア「やつば池クラブ」の人達による手作りの日除け棚です。

この日の朝8時ごろ、やつば池散歩道の時計塔の前に10数人の人が集まり、組み立て工事が始まりました。
DSCN9508

4本の柱が立ち、
DSCN9521

屋根の梁が組み付けられ、
DSCN9532

30分ほどで形が出来てきました。
DSCN9533

DSCN9536

DSCN9537

屋根には日陰用の葦簀(よしず)が敷かれました。
DSCN9553

DSCN9555

よしずが跳ばないように上から板で押さえています。
DSCN9560

組み付けからおよそ45分で完成しました。
DSCN9573

よしずの日除け棚の下で、完成を祝ってお茶で(お酒で)一休みの「やつば池クラブ」の人達です。
DSCN9575

そして、この日の夕方のやつば池散歩道です。
DSCN9583
さっそく、日除け棚の下でくつろいでいる人の姿がありました。

これからの夏の季節、太陽が照り付けるやつば池散歩道で、涼しく一休みが出来るオアシスになりそうです。