7月22日 (土) 、びわこ箱館山ゆり園に行った帰り道、滋賀県高島市マキノ町のメタセコイアの並木道に立ち寄りました。
DSCN7758
農業公園マキノピックランドからマキノ高原へとまっすぐ伸びる道路沿いに2.4kmも続くメタセコイア並木です。

車は農業公園マキノピックランドの広い駐車場に停められます。
DSCN7764

このメタセコイア並木は平成6年(1994年)11月に読売新聞社の「新・日本街路樹百景」に選定され、多くの人に知られるようになりました。
DSCN7756
マキノ高原のメタセコイア並木は、現在約500本が植えられています。
今から30数年前の昭和56年(1981年)にマキノ町果樹生産組合が植えたのがはじまりで、その後も地域の人々の手により育まれ、さらに並木道は延伸して現在の姿となっているそうです。
DSCN7757

並木の横の歩道から見た風景です。
DSCN7762

道路を走る車も、アクセルを緩めて景観を楽しみながら走って行きます。
DSCN7761

延々と続く並木の景観は素晴らしく、おもわずカメラのシャッターを押してしまいます。
DSCN7760

若葉が萌え出づる春・新緑眩しい初夏・緑深い夏・紅葉燃える秋・雪の花咲く冬と、春・夏・秋・冬、四季折々に美しい姿を楽しませてくれるというメタセコイア並木です。

秋の紅葉したメタセコイア並木も是非見てみたいものです。