冬には多くの渡り鳥で賑わうやつば池ですが、夏のやつば池は水面に鳥も少なく静かです。
DSCN8142

そんな中で、水面にポツン一羽、浮いたり潜ったりしている鳥がいました。
DSCN8094
この鳥は「カイツブリ」です。
DSCN8092
カイツブリは漢字で「鳰」とも書きます。
陸を歩くのが苦手な鳥で、水に潜るのが得意な鳥で、「水に入る鳥」を意味する和製漢字です。
DSCN8093 (2)
可愛い外見と潜水する姿は、古代から日本人の関心を寄せていました。
「カイツブリ」の名は室町時代に定着し、奈良時代には「にほどり」とも呼ばれていました。
DSCN8095

滋賀県の琵琶湖にはカイツブリ科の鳥が多く、かつて琵琶湖は「鳰海」(にほのうみ)と呼ばれていました。

その由縁から、カイツブリは滋賀県の県鳥に制定されています。