夏休みも残り少なくなった8月25日(金)、豊田市陣中町の豊田市郷土資料館では「夏休みこども月間」ということで「古代人になってみよう!」という特別展示が行なわれていました。
郷土資料館の玄関横に、古代人が行なっていたという火おこし体験の道具が置かれています。
DSCN8311
棒を回転させる板とひもが付いた部分と、
DSCN8314

回転棒を受け止める、穴の開いた板がその道具です。
DSCN8315

火起こしに挑戦してみよう!
と手順がくわしく書かれた説明がありました。
DSCN8313

説明書に書かれたように、ひもを棒に巻き付けて、ひもの着いた板をタイミング良く上下させると、棒がクルクルと回転します。
DSCN8332
動画じゃないのが残念ですが、5分、10分とこすり続けると、やがて棒の先から煙が出てきて、さらに続けると木の粉が黒くなって火種が出来ました。
見るのだけじゃなくて、実際に体験できるすばらしい展示でした。