豊田市には、登録有形文化財が平成29年8月末現在で、18の建造物が有形文化財に登録されています。
登録有形文化財とは、国や県や市町村が指定する文化財とは別に、平成8年(1996年)の文化財保護法改正により創設された文化財登録制度に基づき、文化財登録原簿に登録された有形文化財のことです。
豊田市で最初に登録された有形文化財は、平成12年(2000年)9月26日に登録された明治時代の建造物で豊田市明川町の「伊世賀美隧道」です。
(※ 2017年7月16日のやつば池散歩道のブログで紹介)

今回は豊田市では2番目になる、平成12年(2000年)10月18日、現在の豊田市近代の産業とくらし発見館として使用している「愛知県蚕業取締所」の建造物と同じ日に登録された有形文化財の建造物「旧井上家住宅西洋館」を紹介します。
DSCN7300

この建物は豊田市民芸館の敷地の中に移築されて保存されています。
DSCN9113

民芸館の開館時間内に建物は開放されていて自由に見ることができます。
DSCN7302

東の方角に玄関があります。
玄関の横に登録有形文化財の銘板がありました。
DSCN9083

銘板は雨ざらしになっているので塗料も薄くなってしまっています。
DSCN9082
登録番号は第23-0047号で、旧井上家西洋館と同じ日に登録された愛知県蚕業取締所の建物の登録番号はこの番号の続き番号でした。

南側から見た西洋館です。
DSCN7299

建物の横には豊田市教育委員会が立てた説明板がありました。
DSCN9081
旧井上家西洋館
この建物は明治時代初期に名古屋で開催された博覧会の迎賓館として建築されたと伝えられています。
その後、銀行として利用された後、昭和3年(1928年)故井上徳三郎氏が経営していた井上農場の迎賓館として現在の豊田市井上町に移築されました。
そして、平成元年(1989年)銀行として利用されていた姿に復元し、この場所に移築されました。
建物の1階には、東側の出入口以外を総て和風の連子格子窓にし、2階のベランダには西洋風の柱頭飾りのついた丸柱や菱格子天井があります。
木造2階建て、建築面積23.38㎡の和洋折衷の建物で、明治時代の洋風建築物としては豊田市内で唯一残っているものです。
この建物は平成12年(2000年)に国の登録有形文化財に登録されています。
と書かれています。

さらに、見どころとして書かれていた、玄関上のカブの形をした窓枠です。
DSCN9104
カブは縁起の良い食べ物といわれ「株が上がる」という言葉にも通じるということです。



もう一つのみどころの、2階のアーチ型の窓です。
DSCN9100

窓に使われているガラスは、明治時代のゆがみのあるガラスで、当時の雰囲気を感じることができるということです。
DSCN9098
ゆがみのあるガラスは写真ではチョット分かりづらいです。

説明板に書かれていた、建物の1階の和風の連子格子窓です。
DSCN9084

1階の部屋の中から見た格子窓です。
DSCN9087

また、2階のベランダにある西洋風の柱頭飾りのついた丸柱と、
DSCN9110

2階の階段上の菱格子天井です。
DSCN9101

2階の一室の家具と
DSCN9088

照明器具です。
DSCN9094
もう一部屋の家具と
DSCN9089
照明器具です。
DSCN9091

こうした部分に和洋折衷で、明治時代の洋風建築物としての価値が認められ、国の有形文化財に登録されました。
1階は和風の様式であるのに対し、2階は純洋風のデザインとなっており、明治時代の人々が憧れた西洋文化を表現している建物です。