9月23日(土)・24日(日)の両日に、とよた産業フェスタと同時に豊田スタジアムで「大船渡のサンマでつなぐ九州北部豪雨災害支援」の催し物がありました。
DSCN9201

東日本大震災の被災地の岩手県大船渡市から取り寄せたサンマ3000匹を来場者に振る舞い、九州北部の豪雨の被災地支援を呼び掛けました。
DSCN9202
網の上でサンマが焼ける香りに誘われた人たちが、午前10時の配布開始前から長い行列ができる盛況ぶりでした。
DSCN9200

両日とも、当日用意された1500匹のサンマに上郷中学校の生徒らが手伝ってサンマに塩をまぶします。
DSCN9205

10台の炭焼きコンロが並び、1台で一度に10匹焼いていきます。
DSCN9204
サンマの焼ける香りがとよた産業フェスタの会場まで流れていきます。
DSCN9207

早くから並んだ人たちは、さっそく焼き立てのサンマをおいしそうにいただいています。
DSCN9196
この企画を主催した豊田東名ライオンズクラブは、集まった寄付金を豪雨被害が大きかった福岡県朝倉市に送るということです。