10月に入り、秋も本番になりました。
食欲の秋とか、芸術の秋とか、いろいろな秋がありますが、秋といえば実りの秋です。
先日、栗の木が植えてある日進市の友人の家を訪ねて、栗拾いを楽しんできました。
DSCN9397

実った栗が、イガと一緒に地面に落ちています。
DSCN9398

見上げると、栗の木には、まだイガが残っています。
DSCF0067

もう少しで開きそうな実や、
DSCF0063

今にも落ちそうな実もあります。
DSCF0062

落ちている栗の実のイガの中には、大きな実が1つか2つ、ときには3つ入っているものもありました。
DSCN9399

およそ1時間で拾った栗の実です。
DSCN9403
たくさん収穫できたので、近所にもお裾(すそ)分けができました。
さて我が家では、どう調理していただこうかと、大きな鍋でさっそく茹でています。
落ちている栗の実を拾いながらも、イガに入った栗をそのまま1つ持ち帰りました。
DSCN9406
この栗は、しばらく玄関に飾って秋の雰囲気を楽しみたいと思います。