10月14日(土)、朝から今にも降りそうな曇り空の下、挙母祭りの試楽祭(しんがくさい)が始まりました。
午後から豊田市駅前に出かけてみました。
出かけたのが少し遅かったので、駅前に5輌揃っての曳き回しが出発したあとでした。
午後2時半過ぎ、来月には竣工予定の豊田市駅前通り北地区再開発の高層ビル(KiTARA)の横を、挙母祭りの中町の山車が町内の曳き回しをして、再び駅前に戻ってきていました。
DSCN9716
この建物(KiTARA パークタワー豊田)は地上26階・高さが84mで、豊田市内で一番高い高層ビルです。
DSCN9720

山車が豊田市駅前近くまで進んできました。
DSCN9728

駅前の喜多町2丁目の交差点で、山車が紙吹雪を撒きながら右折して行きました。
DSCN9729

その後、挙母祭り下町地区5町の曳き回しを終えた5輌の山車は、高層ビルの北側の竹生町で集結しました。
DSCN9753
この場所でしばらく休憩し、町ごとに山車蔵に戻って行くのだそうです。
DSCN9756

下町地区の5町とは神明町・竹生町・西町・中町・喜多町です。
DSCN9761
それぞれの町で1輌ずつ山車を所有しています。
DSCN9762

挙母祭りのポスターです。
DSCN9774

明日の本楽祭には、樹木地区(旧本町・旧東町・旧南町)の3輌が加わって全部で8輌の、愛知県の有形民俗文化財に指定されている山車が勢揃いして、挙母神社の境内に曳き込まれます。
天候が気になりますが、なんとか雨が降らないようにと願うばかりです。