10月15日(日)、未明からの雨が降り続いており、今日の挙母祭りの本楽の山車運行は残念ながら中止となりました。
本楽の山車運行が雨で中止になったのは4年ぶりのことだそうです。

そこで、今日のブログでは、挙母祭りに関係のある話題を取り上げてみました。
およそ2年半前の平成27年2月に、豊田市駅前通り北地区再開発工事で、その場所にあった喜多町の山車蔵が保存されることが決まって一時的に移動されました。
DSCN8201
台座の上に載せられて数十メートル離れた所に仮置きされていました。
DSCN8197

今年(平成29年)の秋にビルの建設工事が終わり、喜多町の山車蔵が以前の場所の近くに戻されて置かれているということを聞いたので、昨日の試楽での町内曳き回しを見に行った時に、その場所の様子を見てきました。
工事も終盤の豊田市駅前通り北地区再開発の3つのビル(KiTARA=キタラ)です。
DSCN9730

その裏側の高層ビルの横に山車蔵を見つけました。

DSCN9735

まだ工事中のフェンスで囲われた中なので、近づくことはできませんでした。
DSCN9736

もう少しで周囲の造成工事が完成して、近づけそうです。
DSCN9737
来年の挙母祭りには以前と同じように、この山車蔵から喜多町の山車が運び出されて、挙母祭りに参加する姿が見られそうです。