豊田市内にある国の登録有形文化財を登録順に伊世賀美隧道から井上家西洋館までをブログで紹介をしてきましたが、今回は豊田市若林西町にある向島山 浄照寺(こうとうざん じょうしょうじ)の建造物を紹介します。
DSCN8577
浄照寺の本堂・庫裏・書院が国の有形文化財に登録されたのは、2005年(平成17年)12月27日です。
DSCN8618
お寺の外塀に登録有形文化財の説明板が掲示されていました。
DSCN8578
お寺の建造物の配置図です。
DSCN8580

① 浄照寺本堂は1898年(明治31年)、② 庫裏は江戸時代末期の1860年(万延元年)、③ 書院は1934年(昭和9年)に建立されたものです。
DSCN8579
山門をくぐると正面に本堂があります。
DSCN8616

DSCN8615
① 本堂は正面・側面ともに約20mと規模が大きく、入母屋造り、桟瓦葺、向拝付で、平面は吹放の縁、外陣、矢来と続き、内陣は本間とその両側の余間及び飛檐(ひえん)間からなり、後堂がつく造りとなっています。
DSCN8600
伝統的な形式を踏襲しつつ、絵様細部や彫物等に近代の造形が窺えます。
DSCN8606

② 庫裏は本堂の東にあります。
長大な平入建物で、屋根は切妻造段違、桟瓦葺です。
DSCN8585

玄関横にあった表示板がありました。
DSCN8587
正面の南面東端が玄関です。
DSCN8589

建物の中には入らなかったけれど、玄関の奥の土間は豪放な梁組を見せ、床上部は3室を2列に配しています。
DSCN8598

③ 書院は本堂と庫裏との間にありますが、奥の方にあるので境内からでは建物が見えません。
下の写真は書院の入り口にある式台です。
DSCN8590
書院は昭和9年に建造されたもので、東西棟の切妻造り、四面に下屋を廻し、桟瓦葺です。
平面は8畳2室と6畳2室を田の字形とし、四周を縁で囲む造りになっています。

浄照寺の駐車場横にクロマツの大木がありました。
DSCN8582
昔は「お寺の大松」と呼ばれた大木が4本あったそうですが、虫害と宅地化により今は1本だけが残っています。
豊田市の名木に指定されていて、樹齢が230年以上、樹高が30mあります。
遠くからでもよく見える存在感のある巨木です。