豊田市内にある国の登録有形文化財をブログで時々紹介をしてきましたが、今回は平成19年(2007年)10月に有形文化財に登録された名鉄三河線の旧西中金駅舎とプラットフォームを紹介します。

名鉄三河線の猿投駅から西中金駅までの区間が廃線になったのが、平成16年(2004年)4月1日ですので、西中金駅がその役目を終えてから今年で13年余になりました。
平成29年現在の旧西中金駅舎とプラットフォームの姿です。
DSCN9878
名鉄三河線の歴史を調べると、猿投駅から碧南駅までが大正13年(1924年)10月開通し、4年後の昭和3年(1928年)11月に営業区間が延長し、吉良吉田駅から西中金駅までの全線が開通しました。
西中金駅の開業から遅れて昭和5年(1930年)に木造平屋の西中金駅舎が建てられています。
DSCN9874

駅舎の横に豊田市教育委員会が立てたの説明板がありました。
DSCN9873
平成26年の歩道拡張工事に伴い、駅舎を2mほどホーム側に移動しており、小規模の改変はされていますが開業当時の姿をとどめていると書かれています。
説明文の中では、平成18年に国の登録有形文化財になったと書かれていますが、正しくは平成19年10月2日です。
国道153号線から見た旧西中金駅舎です。
DSCN9876
近づいて見た駅舎です。
DSCN9875
現在では駅舎を活用して、ふれあいステーションという名前で、土・日曜日にはコーヒーや五平餅を売る憩いの場になっているようです。
DSCN9877
平日に行ったので、駅舎の戸が閉まっていて中には入れませんでした。

下の写真は、廃線になる2年前、現役時代の平成14年(2002年)に撮影された西中金駅舎です。
Nishi-nakagane

そして、線路から見た旧西中金駅のプラットホームです。
DSCN9882
旧西中金駅駅舎に接して北側に位置しており、延長36m、幅3.7m、高さ1.0mの東西に長い直線状で、花崗岩の谷積みで築き、上部には五角形の石材を据えて形状を整える造りになっています。
DSCN9886
白線が新しく引き直されていて、今でも電車がホームに入ってきそうな感じさえします。
駅舎の隅には、猿投━西中金間の鉄道の歴史が書かれたボードがありました。
DSCN9885
昭和60年からは電車が廃止されレールバスが運行されていたと書かれています。

プラットホームから少し先まで線路が伸びていますが、そのすぐ先で線路が終わっています。
DSCN9893

ここが、かつての三河線の最終端になります。
DSCN9891
三河線は、この先香嵐渓のある足助まで線路を伸ばす計画もありましたが、用地買収の難航や不況の影響で断念されたということです。

休日に訪ねて、有形文化財の駅舎でコーヒーや五平餅を楽しんでみてはいかがですか。