豊田市枝下町の旧飯田街道を訪ねていたら、枝下駅跡の近くの枝下町公民館の駐車場に「わくわく事業」で立てられた案内板が有ったので近づいて見ると、それは枝下用水の説明板でした。
DSCN9927
表面には「旧枝下用水取水口(第一水門)」と「偉大なかんがい事業の足跡」と書かれています。
DSCN9929
説明文には・・・
この取水口は、矢作川から水を取り入れる重要な場所で「枝下用水」の名前の由来となっています。
現在は、取水口の土台・水路の石垣・中島(下図の中州)との間に築かれた石堤があり、さらには下流約700mに「第二樋門」などの遺構があります。
各遺構には一定の水量を取り入れる工夫がなされ、特に「第二樋門」の役割は洪水対策上主要な場所でもありました。
 ※測量開始・・・・・明治10年(1877)
           明治23年 幹線部分と東用水が完成
           明治25年 中用水が完成
           明治27年 西用水が完成
 ※越戸ダム完成・・・昭和4年(1929)
           西枝下からの取水口は越戸ダムに移る
(右半分の説明は省略)

そして裏面には「枝下用水かんがい区域」の絵図がありました。
DSCN9930
かんがい区域は、猿投・挙母・上郷・高岡地域にわたり、末端は隣接する安城市・知立市・刈谷市近辺にまで至っています。
と書かれていて、主要施設等の場所も書かれています。
表面側の着工当時のイラストを拡大しました。
DSCN0107 (2)
取水口へ矢作川の水を取り込む施設の様子が分かりやすく書かれています。
現在地のすぐ近くに、枝下用水の取水口が有るようなので行ってみました。
名鉄三河線の廃線の線路を少し行ったところに『枝下用水原点取水口「第1水門」入口』と書かれた白いペンキで塗られた杭が立っていました。
DSCN9933
杭の場所からすぐ下に矢作川の水面が見えています。
足元に気を付けながら川岸へ近づくと、用水路の石垣と思われる部分が水面から顔を出して残っていました。
DSCN9938
ここが明治20年頃に工事が行なわれていた枝下用水の取水口の跡です。
取水口から遠くに見えるのが矢作川の中洲の中島です。
DSCN9937
水面に遺構の石堤が所々に顔を出しています。
DSCN9940
水位が下がればもっとたくさん見られるようです。
ここから700m下流に第二樋門と呼ばれる遺構も残っているということなので、廃線になっている線路の上を歩いて行きました。
DSCN0066
線路の両側には竹林が茂っています。
およそ10分ほど歩いて到着した「第二樋門入口」の案内の杭です。
DSCN0072
ここから 0.4キロと書かれています。
ゆるやかに下り坂になっている竹林の中を進んで行きます。
DSCN0076
迷わないように所々に竹に巻かれた目印が有りました。
川が近づいた感じがしたところに、最後の難関の竹を並べただけの手づくりの橋です。
DSCN0078
竹林から視界が広がり、明治時代に造られた枝下用水の遺構が姿が現れました。
DSCN0079

用水の樋門がある石垣です。
DSCN0080
石垣の上に昇って、反対側を覗いてみると、水門の跡がありました。
DSCN0083
この水門(第二樋門)で、取水口から通水された枝下用水を取り入れたり、堰き止めて排水を行ない、ここから流れる用水の水位を調節する施設です。
石垣の中に「第二樋門」の銘板を何とか見ることができました。
DSCN0101
樋門をくぐった用水はここからさらに矢作川の右岸に沿って下流に流れていくようになっています。
DSCN0091
第二樋門から見た矢作川の上流方面です。
DSCN0087
第二樋門のある位置は地図で見ると枝下町と御船町の境付近になります。
この辺りの矢作川は、下流に築かれた越戸ダムで貯められたダム湖で川の水位が高くなっているため、川岸に沿って造られている用水の堤防は見えませんが、水位が下がった時には水面下の堤防の跡が見えてくるようです。
インターネットのGoogleマップの航空写真でこの場所を見ると、矢作川の右岸に沿うように枝下用水の堤防の一部が水面から出ているので良く分かります。

このブログの最初の写真の枝下用水の説明板の右半分の部分を拡大しました。
DSCN9928 (2)
ここにも書かれているように、地形上の難工事に加え、たび重なる洪水や災害により中断、(中略)
その中で西澤眞蔵は私財を投じて難工事を推進し、多大な貢献をした。とあります。
まさに、偉大なかんがい事業だった、明治時代に行なわれた枝下用水の工事でした。