2月17日(土)、この日のピョンチャン冬季オリンピックの男子フィギュアスケートで、羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルに輝きました。
特に、宇野昌磨選手は名古屋市の出身でトヨタ自動車に所属していることもあって、豊田市内でもパブリックビューイングで応援していたようです。

そんなうれしい出来事があったの日の午後、先回の平芝公園の梅の開花状況から一週間が過ぎた午後、寒風が吹き抜ける中の平芝公園へ行ってみました。
今週は比較的寒さも緩み、あたたかさを少し感じるようになった日も多くあったので、梅の花も咲きだしてきているんではと期待をして行きました。
DSCN0727
けれども、思ったほど開花は進んでいなく、まだまださみしい梅林の光景でした。
先週につぼみが大きくなってきていた早咲きのオオサカズキは、遠くからでもピンク色の花の色を濃くしているのが良く分かります。
DSCN0690
開花している花の数は少なくても、つぼみが大きく膨らんでいます。
DSCN0695
咲き始めましたが、また寒波が来るようなので、このまま一気に開花が進むとは言えないようです。
DSCN0692

白梅のトウジウメにも、ポツンポツンと白い花が見えてきていました。
DSCN0707
一本の枝に花が一つか二つ咲いているくらいの開花状況です。
DSCN0712
開花が始まっている2種類を紹介しましたが、全体的に公園内を見渡すと、こんな感じです。
DSCN0713
昨年なら、2月の中旬にはきれいな梅林が楽しめるほどに咲いていたのに、今年はまだまだです。
DSCN0714
昨年に比べて、およそ一ヶ月も遅いという状況です。
もうすぐ二十四節気の「雨水」になりますが、豊田市の今日の最低気温が氷点下2∼3℃と冷え込んでいて、最高気温も10℃まで上がりません。
予報では、20日(火)あたりから寒さが緩むようですので、また来週にでも平芝公園の梅の開花状況をお伝えしたいと思っています。