3月に入りました。
2月28日から3月1日にかけて、前線を伴った低気圧が発達しながら日本海北部 に進みました。
その影響で雨が降り、強い風も吹き荒れ、名古屋地方気象台は、昨日の2月28日に東海地方で春一番が観測されたと発表されました。
朝の冷え込みは緩み、暖房を忘れるくらいの暖かい日になりました。
その日の午後から、やつば池に出かけて、散歩道に植えられているカワヅザクラ(河津桜)を見に行くと、小さな木の枝先にたくさんのつぼみが着いていて、膨らみ始め数輪の花が咲いていました。
DSCN1037
この河津桜は、やつば池クラブの人たちが2年前の平成28年3月、やつば池周回路開通5周年記念に植えた3本の苗木です。
DSCN1043
まだ背丈が2mに足りない低木ですが、元気に育っています。
DSCN1042
雨が降って、水をたっぷりもらったので、これから一気につぼみが膨らみそうです。
DSCN1041
ピンク色の花が春を呼んでいるようです。
DSCN1032

DSCN1039
1年ごとに大きく育っていく河津桜の苗木の成長を、楽しみに見守っていきたいです。
満開になったら、また紹介したいと思っています。