徳川の始祖、松平氏の発祥地として有名な歴史と自然あふれる松平の里の松平郷。
豊田市松平町の松平観光協会の情報によると、松平郷園地には、ソメイヨシノ・ヤマザクラ・シダレザクラなど約60本もの桜が植えられています。
4月2日(月)、松平郷園地へ出かけてきました。
駐車場横は戦国時代には桜馬場と呼ばれたところだったということで、その周辺のソメイヨシノ桜が満開でした。
DSCN2225
駐車場を囲むように昔の面影を残すように咲いている桜です。
DSCN2226
駐車場のすぐ近く、松平東照宮のお堀の周辺にも多くの桜が植えられています。
DSCN2232

DSCN2229
松平東照宮から坂を上って、松平家の菩提寺の高月院まで続く室町塀の桜もきれいな景観でした。
DSCN2239
高月院の周辺の桜も、春風に花びらを散らしながら咲き誇っていました。
DSCN2241

DSCN2285
高月院から東照宮への帰り道の室町塀です。
DSCN2290
歴史を感じる塀と満開の桜の見事な景観です。
ここ数日のあまりにもあたたかい陽気で、一気に桜が咲いてしまいました。
DSCN2221
十分に桜を楽しんで、松平郷をあとにしました。