今年の春は気候の関係で桜やチューリップなどの春の花が平年より一週間から10日ほど早く咲きました。
毎年、5月中旬が見頃のバラも今年は早めに咲き出しているようです。
豊田市西山公園のバラ園はどんな状態になっているのか、雨もあがった5月3日(木)の午後、出かけてきました。
品種によっては満開の花もありましたが。バラ園の全体を見渡した感じでは、咲き始めの状態でした。
DSCN3277
観賞温室横にある西山公園案内図の今の見どころに「バラ園」の表示札が掲げられました。
DSCN3241

満開の見頃にはもう少しといったいった状態ですが、咲き始めの春のバラは素晴らしいです。
DSCN3274

バラのトンネルです。
DSCN3251
黄色と赤のバラが並んで咲いていました。
DSCN3258
バラ園の説明板には園内には約510品種で約1400本が植えられていると書かれています。
DSCN3250

バラの根元には、品種や花の名前の書かれた表札があります。
DSCN3269
ボレロと書かれていますが、古くなって見にくくなっていました。
DSCN3270
そんな中に、こちらの表札は新しくなっています。
DSCN3253
薄いピンクが鮮やかな「ヨハンシュトラウス」という名前のバラです。
DSCN3254
日本の漢字名の名前もあります。
DSCN3255
大きな花の「栄光」です。
DSCN3256
510品種が植えられているバラ園は、説明板にも書かれていましたが、愛知県下では豊田市西山公園のバラ園が最多の保有ということのようです。
入場無料で見られる豊田市西山公園のバラ園、駐車場が狭いのが残念ですが、ぜひ出かけてみてください。
これから5月いっぱいまで楽しめるバラ園です。