6月28日(木)、豊田市西山公園の花時計の様子を見に行ってきました。
公園の正門周辺の改造工事が行なわれており、ほぼ完成に近づいています。
DSCN4553
道路から数メートルほど奥に入った正門入り口の横に、歩行者専用の入り口も出来ています。
DSCN4554
公園に散策に訪れる身障者や高齢者への配慮がされています。
また、公園内の花時計付近もマイクロバスが駐車可能な広いスペースが出来ています。
DSCN4557
改造工事が完了すれば、デーサービスなどのマイクロバスや、大型の観光バスなどが出入りできる公園になりそうです。

その工事がされている公園内のシンボルの花時計に夏の花が植えられていました。
DSCN4560
まだ苗が植えられたばかりなので花がほとんど咲いていない状態です。
DSCN4559
夏の花と言えば「サルビア」と「マリーゴールド」です。
赤い花のサルビアと、
DSCN4566
青色のサルビアが広い花時計の花壇に細かくいっぱい植えられています。
DSCN4567
他のスペースには黄色のマリーゴールドが埋め尽くされています。
DSCN4568
半月も過ぎれば、これらの花の苗が育って綺麗な花で包まれた花時計になります。
DSCN4565
花時計が綺麗に咲き始めた時に、その様子をまたお知らせしたいと思っています。