豊田市t郷土資料館では企画展「みんなであつめた災害の記憶 ~江戸時代から現代まで~」が開催されています。
DSCN7366
豊田市内で起きた水害などについて記録に残る写真の他、とよた歴史マイスターと共に集めた新聞記事や江戸時代の絵図を展示しています。
pamp01

江戸時代以前から大雨の時には氾濫を繰り返していた豊田市内を流れる矢作川をはさんで、右岸側の挙母村や梅坪村と左岸側の寺部村では、堤防の高さなどの約束をしていたという古文書や絵地図が残されています。
pamp02

展示期間は9月24日まで(月曜日は休館)で入場無料です。