猛暑の中で、豊田市鞍ヶ池公園の四季のさとには夏の花のセンニチコウ(千日紅)が咲いています。
DSCN7510
センニチコウは、花そのものではなくピンク、白、赤色などに色づく苞(ほう)を観賞する花です。
赤い色のセンニチコウは背丈も高く育ち、花畑の中での存在感があります。
DSCN7512
ピンク色と白色のセンニチコウも畑いっぱいに植えられていて元気に咲いています。
DSCN7515
千日紅という名のように、長い間花を咲かせるので、夏の花の少ない時期に仏壇や墓前に供える切り花によく利用されている花です。
DSCN7516

DSCN7517

センニチコウは日照りや乾燥に強く雑草にも負けない元気な花です。
DSCN7518
フラワーアレンジメントにも欠かせない素材として人気があります。
苞の部分はドライフラワーにしても色があせにくいため、名前のとおり千日過ぎても色が変わらないのではないかと思うほどです。

DSCN7509
秋まで頑張って咲いて、散策に訪れる人を楽しませてくれる夏の花です。