豊田市鞍ヶ池公園の四季のさとの花畑にはジニアが満開です。
DSCN7501
猛暑な中でも元気いっぱいに咲いています。
DSCN7504
ジニアという花の名はヒャクニチソウ(百日草)の学名です。
最近では品種改良で多くのジニアが市販されています。

ヒャクニチソウというと、昔ながらの盆花、供花のイメージがあるかもしれませんが、ジニアと呼ばれて花壇やコンテナなどに適した矮性の品種がたくさん流通しており、ガーデニング素材として人気があります。

園芸的に多く利用されている種類は、背丈の高いエレガンスという品種で、昔から日本で親しまれているヒャクニチソウです。
DSCN7465
鞍ヶ池公園の四季のさとに植えられているジニアはリネアリス(ホソバヒャクニチソウ)という品種で、背丈が30センチ足らずと低く、少し小さめの花をたくさん咲かせます。

DSCN7506
花の色は豊富で、赤・オレンジ・黄色・白・ピンクなどがあり、複色花もあります。
DSCN7508

DSCN7503
ジニアは、これから秋にかけて長い間楽しめる花なので、四季のさとの花畑に訪れた人たちの目を楽しませてくれそうです。