やつば池散歩道には、数年前に池の周りの整備が行なわれる前からこの場所に植えられていたミカンやカキ(柿)の木などの果実の木がそのまま残されて育っています。
DSCN7567
9月に入り、実が大きくなっています。
DSCN7562
ボランティア「やつば池クラブ」の人たちが手入れをされており、今年もたくさんの実を着けています。

こちらがミカンの木です。
DSCN7564
実の形などから、このみかんは温州みかんだと思われます。
枝先には枝が折れ曲がるほどたくさんの実が着いています。
DSCN7565
まだ青いけれど大きな実になってきています。
DSCN7566
散歩している人がチョット手を伸ばすと取れそうなので、荒らされないか心配です。
その隣に並んで、大きな柿の木があります。
DSCN7558
実の形から、甘柿の品種で「次郎柿」と思われます。
DSCN7559
たくさんの実が枝先に着いていますが、無農薬なので虫食いが心配です。
DSCN7570
あと一ヶ月もすると、色付いて熟す頃になります。
枝の剪定などをされているやつば池クラブの人たちと一緒に、実りの秋の収穫が楽しみなやつば池散歩道です。