先日訪れた豊田市越戸町にある灰宝神社の境内に、二宮金次郎像がありました。
DSCN7836
その大きさは、背の丈が2. 2 メートルもあり、石造の二宮金次郎像としては国内最大級といわれています。
DSCN7805

石像が倒れないように左足の部分を石柱で支えています。
DSCN7831
この二宮金次郎像は、明治初期に地元の越戸村の出身で土木建築業の成功で財をなした「前田榮次郎氏」によって昭和の初めごろに寄贈された、岡崎の石材店で作られたものといわれているものです。
DSCN7834
二宮金次郎像は小学校などに立てられていることが多い中で、神社の境内にあるのは疑問ですが、どこかの学校から移設したものかもしれません。
この石像について、何も説明が無いので詳しいことは不明です。