彼岸の中日(秋分の日)の9月23日 (日) 、朝8時半ごろの逢妻女川のヒガンバナ(彼岸花)です。
DSCN7967
宮上橋の上から上流の方向を見た景観です。
200万本のヒガンバナの花が8分ほど咲いており、堤防全体が真っ赤に染まる満開まで、もう少しといったところでした。
DSCN7968
日曜日ということもあって、朝から多くの人がヒガンバナを見に来ています。
DSCN7975
きれいな写真を撮ろうと頑張る姿があちらこちらで見られました。
DSCN7973
ヒガンバナの花の中で浮かぶように架かる宮上橋です。
DSCN7979
この日は朝10時から「逢妻女川彼岸花育成会」主催のイベントがあるので、宮上橋と男橋の間の右岸堤防に青色のテントが張られ、イベント会場の準備がされていました。DSCN7965
見頃になった200万本ともいわれているヒガンバナ咲く逢妻女川の堤防を歩いた後に、お茶と大福餅をいただきながらヒガンバナを楽しむイベントです。
DSCN7969
朝から晴天で良い天気に恵まれたので、たくさんの人が訪れて賑わいそうです。