豊田市内にはイチョウ(公孫樹・銀杏)の名木が20本ほど有ります。
その名木の中に、愛知県指定天然記念物が1本(時瀬の大イチョウ=2015.11.23のブログ参照)、その他に豊田市指定天然記念物が8本有ります。
昨年のこのブログでも少し紹介しましたが、見に行く時期が遅くて落葉していたものが多かったので、紹介できなかった残りのイチョウの大木を紹介したいと思っています。
今回も11月初めに訪れた槙本(まきもと)町の常福寺のイチョウです。

豊田市惣田町津島神社のイチョウから、県道366号線を更に北へ2キロほどの所に、豊田市指定天然記念物のイチョウが有りました。
DSCN9181
スギの大木と並んで空高くに枝を伸ばしている、槙本町の常福寺内にあるイチョウです。
DSCN9197
黄色く色づくにはもう少しの状態でした。
説明板には樹齢が書かれていませんでしたが、豊田市の名木で調べたら推定樹齢が300年ということです。

DSCN9184
このイチョウは雌株なので、木の周囲にはギンナンがいっぱい落ちていました。
DSCN9196
拾う人もあまりいないようなので少し土産にいただいて来ました。
見上げると、まだギンナンの実が枝に残っているのが見つけられます。
DSCN9193
イチョウの木の横に地蔵堂があります。
DSCN9191
地蔵菩薩の後ろにある板に書かれている文字を解読すると、古い1枚には「再建 安政4年 阿弥陀堂」と書かれており、新しい板には「再建 地蔵堂 平成27年12月3日」と書かれていました。
DSCN9190
旭地区の地域情報によると、この4体の立像は弘法大使像で、左から「子安大師」「成大師」「日切大師」「衆生大師」だそうです。

常福寺の前には、広い駐車場の豊田市の施設、築羽(つくば)農村環境改善センターがありました。
DSCN9198
この施設で、トイレを借りることができました。

常福寺のある豊田市槙本町の歴史を調べてみました。
三河国東加茂郡槙本村は、明治22年10月に槙本村・小畑村・坪崎村・日下部村・伯母沢村・八幡村・伊熊村・惣田村の8つの村が合併し、築羽(つくば)村が発足し、築羽村大字槙本となりました。
明治39年5月に築羽村は生駒村介木村野見村の4つの村が合併し、旭(あさひ)村が発足し、築羽村は廃止となり、東加茂郡旭村大字槙本となりました。
昭和42年に旭村は町制を施工し東加茂郡旭町大字槙本となり、平成17年に東加茂郡旭町は豊田市と合併し豊田市槙本町となり現在に至っています。
槙本町の人口は70人(平成23年12月時点)です。

常福寺のイチョウの木の向こうには足助警察署の槙本派出所があります。
DSCN9189
常福寺のイチョウを見た後、旭地区にあるもう一つのスギの大木に向かいました。