11月18日(日)、豊田市旭地区の笹戸町で開催されている「笹戸温泉じねんじょ・もみじまつり」に行ってきました。
笹戸温泉
駐車場は会場に近い矢作川の河川敷広場が臨時駐車場(無料)になっていました。
DSCN9809
広い河川敷なので何台でも停められる余裕の駐車場でした。
DSCN9811
会場近くの県道11号線沿いに掲げられた祭りの横断幕です。
DSCN9815
駐車場から歩いて数分で、会場の笹戸会館に到着しました。
DSCN9841
会場のもみじが綺麗に紅葉していました。
DSCN9838
まつりの案内パンフレットです。
笹戸温泉2
会場内では自然薯をはじめとして、地元の新鮮野菜や鮎の塩焼き・焼き鳥・五平餅などの店が並んでの賑わいです。
DSCN9835
自然薯は1本1000円から2000円の値がついています。
DSCN9822
鮎の塩焼きや焼き鳥が会場内に良い匂いを漂わせています。
DSCN9816
こちらが参加型イベントの自然薯麦とろ体験コーナーです。
DSCN9828
自然薯150グラム ⊕ だし ⊕ 麦飯で1000円、麦飯のおかわりは100円でした。
DSCN9830
すり鉢で自然薯をすりおろし、すりこ木でまぜて味付けです。
DSCN9826
体験は楽しそうですが、食べるまでに疲れそうです。

その隣では、旭特産の自然薯を使ったとろろそばを1杯500円で販売していました。
DSCN9834
こちらは疲れずに自然薯が食べられます。
DSCN9825
まだ昼前なのに長い列が出来ていました。
帰りの駐車場近くの畑で自然薯を収穫する体験が出来る場所もありました。
DSCN9855
地面に水平に埋め込まれた塩ビのパイプの中で自然薯が出来ており、クワで掘り起こします。
DSCN9853
掘り出された自然薯が小さいからと、何回も掘っていました。
DSCN9850
掘っているのを見ていたら、自然薯の値段が高いという理由が良く分かりました。
初めて行った笹戸温泉じねんじょ・もみじまつりでしたが、楽しい時間を過ごしてきました。