~ 年に一度の花の祭典 ~ 
洋ランの生産地として有名な東海市で、毎年恒例の花フェスタ「東海フラワーショウ」が1月26(土)、27日(日)の2日間、愛知県東海市の市民体育館で開催されています。
東海フラワーショウ2019
初日の26日、冷たい北風の吹く日になりましたが、東海市役所駐車場からの無料シャトルバスを利用して出かけてきました。
DSCN1605
体育館の入り口に飾られた、来場者を迎えるランの花たちです。
DSCN1610
広い体育館の中では、珍しい洋ランの展示やフラワーコンテスト、即売会、押し花やコケ玉の体験教室などが行われ、花好きにはたまらない企画がいっぱいです。
DSCN1611
中央に飾られたメインブース(モニュメント)です。
DSCN1615
コチョウランやシンビジウムなどの鉢植えが惜しげもなく飾られています。

メインブースを囲むように東海市の多くの園芸農家の人たちなどのフラワーアレンジメント作品が並べられています。
デンドロビウムを中心の飾り付け。
DSCN1613
葉牡丹にプリムラジュリアンなどで鮮やかな飾り付け。
DSCN1616
高価なコチョウランが並ぶ飾り付け。
DSCN1625
ランの王様ともいわれるカトレヤが咲き誇ります。
DSCN1643
この他に、いろいろなランの花を配置した飾り付けが展示されています。
DSCN1646

DSCN1664
展示ブース横の即売会場では、お気に入りの花を買い求める人たちで賑わっていました。
DSCN1634

DSCN1627
市場価格より2~3割安いといわれるランの花などが次々と買い求められていました。
DSCN1666
毎年楽しみにしている東海フラワーショウを、今年も綺麗な花で楽しませてもらえました。