豊田市平戸橋町にある豊田市民芸館では昨年の暮れから企画展の「愛蔵こけし」が開催されています。
DSCN1722
第二民芸館の中で展示されていて、入場無料でした。
DSCN1785
入り口の畳の上に飾られた「こけし」です。
DSCN1726
展示室にはずらりと並べられたこけしたちです。
DSCN1731
展示されているこけしは、郷土玩具のコレクターより民芸館に寄贈された、主に昭和40年代に収集された伝統こけしを、その系統別に約5500点展示されています。
DSCN1758
受け継がれる伝統、工人の個性、表情豊かで愛らしいこけしたちです。

DSCN1760

DSCN1761
郷土玩具の一つである「こけし」。
その発生には諸説ありますが、江戸時代後期(1800年頃)から作られ始めたと考えられています。
DSCN1775
東北地方の湯治場みやげとして売られるようになったこけしは、子どもの玩具からやがて大人の鑑賞対象へと変わっていきます。
DSCN1749

第3次こけしブームと言われる現在、昭和40〜50年代の第2次こけしブーム世代の愛好家に加えて、若い女性たちもこけしの産地を巡りこけしを集め、こけしのある生活を楽しんでいます。
DSCN1776
現在東北6県で11系統に分類されている伝統こけしは、親から子へまた弟子との師弟関係を通してその型が受け継がれ、家系図のようにそのこけしや工人の名が残っていくという他の郷土玩具とは違った特異性があります。
こけし好きには見逃せない企画展です。
5月22日まで開催されていますのでぜひお出かけください。