愛知県緑化センターで春を呼ぶ花「福寿草(フクジュソウ)」が咲いているのが見られるという話を聞いて、2月23日(土)、一度も見たことのないフクジュソウの花を見に出かけてきました。
緑化センターの本館前で見つけたフクジュソウの花です。
DSCN2136
目に鮮やかな黄色の花です。
玄関前に植えられた樹木の幹の周囲に数株の福寿草が満開の花を咲かせていました。
DSCN2134
幹を挟んで両側に咲いていました。
DSCN2141
早春に黄金色の花を咲かせることから、一番に春を告げるという意味で「福告ぐ草」という言葉は江戸時代に使われたそうです。
DSCN2137
その後、ゴロが悪いので、おめでたい「寿」と差し替えられ「福寿草」となったといわれています。
この「寿」は、長寿の意味もあり定着したということです。

フクジュソウを見てみたい方は、雨の日には花が閉じてしまっているようですので、良い天気の日に出かけてみてください。
DSCN2133
センター本館の入り口の右側にあり、樹木の下のこじんまりとした場所に咲いているので、気を付けて探さないと通り過ぎてしまいそうです。