愛知県碧南市にある九重味淋(株)で3月23日 (土) 、春の蔵開きがありました。
2019-04-05
九重味淋は江戸時代の安永元年(1772年)に創業し、現存する日本最古の「本みりん」専業メーカーだそうです。
DSCN2665
九重みりんの「味醂」の「りん」文字は「淋」を使っています。
DSCN2682
創業者からのこだわりがありそうです。
蔵内はたくさんの人で賑わっていました。
DSCN2687
参加型のいろいろな企画が用意されています。
DSCN2679
蔵開きは春と秋の年に2回開催されているようです。
DSCN2678
毎回人気の企画はみりん粕の詰め放題で、長蛇の列が出来ており、午前の部の参加は締め切りになっていました。
DSCN2668
決められた時間内に、袋いっぱいのみりん粕を詰めています。

工場内を自由に見ることができ、工場見学をさせてもらいました。
DSCN2672
工場の出口にみりんの直詰め体験コーナーがありました。
DSCN2674
商品の販売所で高価でしたが本物の味醂を買って帰りました。
DSCN2681
豊田市からは少し遠いところでしたが、日本酒の酒蔵の開放とは少し違った、みりん蔵の蔵開放を見学することができました。