4月14日(日)はボランティアやつば池クラブの皆さんの定期作業日でした。
この日は朝8時から、散歩道に隣接した畑にサツマイモの苗を植える作業が始まりました。
DSCN3138
事前に耕して堆肥や牛糞などの肥料が施されているそうです。
土を盛り上げた畝を作り、畝の上に黒いビニールシートが敷かれていきます。
DSCN3141
貸農園などで農作業をされている経験者の方も多くて、クワの使い方も見事なものでした。
DSCN3145
長短合わせて、畝が4本出来ました。
DSCN3149
ビニールに穴をあけてイモの苗の植え付けが始まりました。
DSCN3150
苗の品種は、昔ながらの焼きイモの味が楽しめるという「紅あずま」でした。
DSCN3153
作業を始めてから1時間足らずで、苗の植え付けが完了しました。
DSCN3157
この日に植えたイモの苗は、およそ100本だそうです。
DSCN3163
夏の日照りが心配ですが、上手く育って秋にはこのイモを収穫して、焼きイモ会を計画しているそうです。
午後から恵みの雨が降り出し、イモの植え付けには順調なスタートになりました。