平成時代最後の日、雨上がりの4月30日(火)の午後、豊田市美術館の敷地内に植えられているカキツバタ(燕子花・杜若)を見に行ってみました。
DSCN3432
数年前に植えられたカキツバタの苗ですが、少し勢いが衰えてしまってはいますが、元気に育っている部分の株からは青紫色の爽やかなカキツバタの花が雨のしずくを受けて咲いていました。
DSCN3440
カキツバタは生育条件が難しいようで、一部には苗が育っていない場所もあります。
DSCN3435
人工の池でカキツバタの苗を育てるのは難しいようです。
DSCN3441
そんな中で、元気に育っている部分の花が見頃になってきていました。
DSCN3445

DSCN3439
カキツバタといえば、知立市八橋のかきつばた園が知られていますが、昨年は生育不良でカキツバタ祭りが中止になりましたが、今年は土壌の入れ替えなど関係者の努力で順調に苗が育ち、カキツバタ祭りが開催されるようになって、きれいなカキツバタが見られるようになっていると、テレビで放映されていました。
知立のカキツバタも、ゴールデンウィークの連休中が見頃のようなので出かけてみようと思っています。