6月8日(土)夕方午後4時、東海環状道豊田勘八インターチェンジなどがある豊田市北東部から、豊田市中心部につながるルートのうち、矢作川に架けられた新しい橋「平戸大橋」が開通しました。
6432_n
豊田勘八IC-豊田市逢妻町間の約6.8キロを結ぶ、国道153号豊田北バイパスのうちの800m区間です。
0265
平戸大橋は平戸橋の南側約200mに位置し、開通に伴って周辺の渋滞緩和や、豊田勘八ICへのアクセス向上が期待されます。

この日の開通を前に、平戸大橋近くの豊田市猿投台中で記念式典が開かれました。4592_n
地元関係者や地権者ら200人が参加し、地元の子どもたちの和太鼓演奏や、全員で万歳三唱をして開通を祝いました。
9824_n
その後現場に移動して、平戸大橋で開かれたセレモニーではテープカットとくす玉割りがあり式典が盛り上がりました。
6352_n

3696_n
平戸大橋の開通により、豊田市街地の平成記念橋北交差点から豊田勘八ICへの所要時間が約12分かかっていたものが、試算では半分の約6分に短縮され、豊田市街地から 豊田勘八ICへのアクセス性が向上します。