彼岸の中日(秋分の日)も過ぎ、いよいよ季節は秋へと変わっていきます。

先回から3日後の9月24日(火)、宮上橋から上流方向を見た逢妻女川堤防の彼岸花の開花状況です。
DSCN4202
まだ赤い部分が見られず、開花まであと少しの状態でした。
DSCN4205
それでも3日前には、つぼみの茎もほとんど姿が無かったのに、雨の恵みを受け一気に花芽が伸びて、堤防一面に薄緑色の茎の先に赤いツボミの姿が広がっていました。

ツボミを踏まないように「足元注意」の看板も掲げられていました。
DSCN4210
全体にはまだまだでしたが、早い花芽は開花している所もありました。
DSCN4218

そんな中で、宮上橋の上には彼岸花を見に来られたデーサービスのグループの皆さんが、残念そうに逢妻女川の堤防を見下ろしていました。
DSCN4204
散歩道の片隅に、逢妻女川彼岸花育成会が計画されている彼岸花を見ながらのイベントの案内看板が立てられていました。
DSCN4211
9月28日(土)の午前10時から午後1時まで、200円で大福餅とお茶がいただけます。
その日までにはさらに逢妻女川の彼岸花も開花が進んできているものと楽しみにしています。