寒い中で元気なのが、みかんなどの柑橘系の花木です。
八ッ谷池散歩道にも一本有りました。
DSCF0067
金柑(キンカン)の木です。
樹高が3メートルほどあり、幹の太さから樹齢が20年以上のものだと思われます。
散歩道として池の周りが整備される前に、近所のどなたかが植えられたものでしょうか?
DSCF0069
元気に育って、果実は小粒ですが枝いっぱいにたくさん実っています。

そこで金柑(キンカン)についてのワンポイントレッスンです。
キンカンに含まれる主な栄養素と効能を調べてみました。

皮にはたくさんのビタミンCが含まれています。キンカンは皮ごと食べるので、ビタミンCを沢山摂る事が出来ます。風邪の予防にも良いそうです。

ヘスペリジンという成分が皮の部分などに多く含まれ、毛細血管の強化や血中コレステロール値の改善効果、血流改善効果、抗アレルギー作用、発ガン抑制作用などがあります。

さらにビタミンEもたくさん含まれていて、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立ちます。

また喉飴でもよく知られるように、キンカンは咳止めやのどの痛みを抑える薬用にも用いられます。


これから2月にかけて甘さが増して、美味しく食べられるようになるそうですよ。