今回も散歩道から離れて、豊田市の季節の話題です。
昨日の1月11日は鏡開き。
正月の鏡餅を食べて、一年を元気に過ごそうという日本の昔からの風習で、この日に正月飾りの門松やしめ飾りを燃やし、その火で餅を焼いて食べると無病息災で過ごせるということです。
この時に正月飾りを一ヶ所に集めて燃やす行事を「どんど焼き」と呼んでいます。
豊田市内の稲武地区で、この催しが行われるということなので行ってみました。
DSCF0011
道の駅「どんぐりの里いなぶ」の東側の田んぼの真ん中に、お役目が終わった正月飾りが山と積まれています。
午前10時、お神酒をかけて御祈祷をしたあと、火が着けられました。
DSCF0019
門松の青竹や松の枝が多いので、最初はくすぶるようにもうもうと煙が昇ります。
DSCF0031
田んぼの横では、どんど焼きに来た人へ七草粥や甘酒の振る舞いがありました。
DSCF0051
寒い中での思わぬもてなしに、有りがたく温かいお粥をいただきました。
DSCF0049
肝心の鏡餅は、火の中にアルミホイルにでも巻いて投げ込んで焼くのかと思いましたが、どんど焼きの中から炭火を取ってきたバーベキューコンロの上で焼かれていました。